ゴルファーならホールインワン保険に加入するべし

女性

ゴルフを安心して楽しむ

ゴルフは幅広い年代で楽しまれている人気のスポーツですが、ときには他人に怪我をさせてしまったり、本人が怪我をする、ゴルフ用品が盗難にあうなどの被害が出ることもあります。こんな場合もゴルファー保険に加入しておけば様々なトラブルに対応することができます。

ゴルフ

楽しいお祝いのために

アマチュアゴルファーがプレー時にホールインワンを達成したら、パーティーを開いたり景品を贈呈するのが日本の習慣となっています。それらは自分で負担するとかなりの金額になりますから、ホールインワン保険に加入しておくのがアマチュアゴルファーの常識となっています。

ゴルファーのための保険

男女

祝賀会の開催費用

日本では、ゴルフでホールインワンしたときに、ゴルファーがお祝いをするという習慣があります。まわりの人がお祝いするというものではなく、幸せのおすそ分けとしてホールインワンしたゴルファー自身が記念品を贈ったり、祝賀会を開いたりします。この費用が高額になってしまうことから、「ホールインワン保険」が誕生しました。ホールインワン保険に加入すると、祝賀会の費用、記念品を購入する費用、ゴルフコースに記念植樹などを植える費用、キャディに配るチップなどを負担してもらえます。ホールインワン保険の支払いを受けるには条件があり、1名以上の同伴競技者とプレー中に、ホールインワンを達成したアマチュアのゴルファーが対象となります。プロのゴルファーは、対象になりません。ホールインワンを証明するために(口裏を合わせるなどして、不正が行われないように)、保険会社所定の保険金申請書に、同伴競技者、キャディ、ゴルフ場の支配人などの署名・捺印が必要になります。キャディを使用しないゴルフ場で行われたホールインワンに対しては、保険金が支払われないこともあります。また、ゴルフ場の経営者が、自分の運営するゴルフ場で出したホールインワンに対しても、保険金は支払われないということです。ホールインワン保険は、高額な祝賀会を開催する費用を捻出するのが難しい、アマチュアゴルファーがホールインワンを出したときに、それをサポートするための保険となっています。